デンマークカクタスの育て方

ロゴ
bar
デンマークカクタス生産協会について
デンマークカクタスについて
デンマークカクタス品種一覧
販売促進用のPOP集

ホワイトベル
bar

デンマークカクタスの育て方、一覧

デンマークカクタスの購入ポイント

一般にデンマークカクタスは、初秋から冬にかけて店頭に並びます。つぼみの状態で流通することが多いので、ラベルの写真や品種名を参考に好みの花色を選びます。鉢のサイズは様々で手のひらにのる小さな物から一抱えもある大きな物もあります。購入後の栽培スペースなどを考え、自分にあったサイズを選びましょう。


デンマークカクタス購入後〜冬の管理

 購入後、室内の窓越しや屋外の半日陰などで観賞します。極端に暗い場所や一日中直射日光が当たる場所は避けてください。環境の変化に弱くつぼみが落ちやすくなります。花の咲いている間は用土を乾かしたり、しめりすぎたりしないようこまめに水をやります。この時期は追肥はいりません。花がしぼんだら花がらをつみとります。
 花が終わると冬越しの準備です。直接霜が当たったり凍ったりする場所は避けます。部屋の隅でも良いので室内で冬越しするのが良いでしょう。冬は休眠期に入り、この時期は追肥はいりません。水やりも控えめにします。


デンマークカクタス 春の管理

新緑の季節、遅霜の心配もなくなった頃、直射日光を避けて屋外に出します。デンマークカクタスにとって春は成長期なので、春のうちに元気でしっかりとした株になる土台ができます。
化成肥料などを追肥し、こまめに水を与えます。一回り大きな鉢に植え替える場合、この時期が良いでしょう。

梅雨の季節、気温も上がり、デンマークカクタスが一年の中で最も成長する時期になります。追肥をしてたっぷり水を与えてください。軟弱な株をつくらないために夏場は朝夕の光を当て、日中の直射日光を避けるのが理想です。真夏の強光はせっかく育った新葉を焼いてしまい黄色に変色したり落ちたりします。強光、高温を避けるため、家の北側や木陰などで夏越しするのも良いでしょう。


デンマークカクタス 秋の管理

 残暑も和らぐ彼岸頃、デンマークカクタスはつぼみを作る準備をしています。この時期、水を控えめに追肥もいりません。デンマークカクタスは栄養成長(葉を作り、株を大きくする成長)している間は、花芽をつけません。肥料があると栄養成長を続けますので、この時期に肥料が切れているようにしてください。
株が伸びすぎているようなら、天葉1・2枚摘み形を整えます。半月もすると小さなつぼみが葉の先に見えてきますが、あわてて家の中にとりこんだりせず、こまめに水をやりつぼみが大きくなるのを待ちます。しかし、霜が降る前に家の中へとりこみます。つぼみが小豆程の大きさになったら少々の環境の変化では落ちません。室内の窓越しや屋外の半日陰で観賞してください。


デンマークカクタスの肥料のやり方とコツ

デンマークカクタスは、肥料のやり方で、随分と秋の姿が変わってきます。肥料のやり方をマスターして、豪華な株を作ってみてください。花の時期に肥料が切れていることが大切なので、7月以降は肥料をやらないようにしてください。

◇◆ 追肥の目安 ◇◆
IB化成肥料の場合(株の大きさによって変わってきます。)
  3号鉢 2〜3粒
  4号鉢 4〜5粒
  5号鉢 6〜8粒

◇◆ 植え替え用土 ◇◆
  赤玉土        3割
  ピートモス      3割
  腐葉土        2割
  パーライト      1割
  バーミキューライト 1割
マグアンプなどの元肥を加え配合したものが良い。
園芸店などで売られているシャコバサボテン用の培用土も便利です。


栽培のこよみ

生育サイクル 休眠期 株の生育期 花の生育期 観賞期
時期 1月〜4月 5〜8月 9〜10月 11〜12月
主な作業 水ひかえめ
---
寒さ除け
---
寒さに注意
水こまめに
気温が上がったらたっぷりと。
追肥をこの期間に2回する。
害虫に注意
葉焼けに注意
水ひかえめ
---
芽摘み
害虫に注意
寒さに注意
水こまめに
---
花がら摘み
---
寒さに注意

病害虫について

茎腐病・根腐病
 水をやりすぎたり、肥料をやりすぎたりすると発病し、茎や土ぎわが茶色く腐ります。腐った所を取り除き水を控えめにして風通しの良い所に置いてください。
薬剤:オーソサイド 600倍液を散布します。

イモムシ・ナメクジ
 初夏から秋にかけて、新葉やつぼみの柔らかい部分を穴あけながら食害します。見つけたらただちに取り除きましょう。
薬剤:オルトラン 1000倍液を散布または粒剤を株元に置きます。(ヨトウムシ、ハマキムシ)
薬剤:ナメハンター 株元に置きます。(ナメクジ)

凍害
 冬に直接霜にあたったり凍ったりすると、葉が白く透き通ったり黒く枯れこんだりします。凍害をうけた葉を摘み取り、室内に入れてあげましょう。

***薬剤の使用は薬品の使用法、注意事項をよく読み正しくお使い下さい。***


bar